読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日の丸バッテン救援会 ブログ

2014/6/22 13:17にコメント欄のない設定に変更しました

日の丸バッテン救援会 解散声明

声明

(転載転送歓迎)

先日速報というかたちでお知らせしましたが,2014年11月26日付で常野さんの不起訴処分が決定しました。また,押収品については,7月14日に一部返還されたことをお知らせしていましたが,その後の弁護士の働きかけもあり9月17日に全ての押収品を取り戻しました。

 

靖国神社に「貼り札」をしたとの嫌疑で家宅捜索を受けたあと、常野さんは救援連絡センターに相談しました。一方、事態を把握した友人は救援会を立ち上げ、靖国天皇制への抗議は正当であり、それへの弾圧は不当であることを訴える声明を発表しました。

 

これには数多くの賛同メッセージとカンパ(会計報告はこちら)をいただきました。注目と支援をくださったみなさまに心から感謝いたします。

 

口頭で1回,書類で4通の出頭要請を常野さんは拒否しました。また,救援会外の方も含めて麹町署に直接抗議を行いました。さらに,常野さんの弁護人からは何通もの意見書を提出しました。このように当該や救援会が孤立せずに弁護士のサポートを受けながら不起訴処分にいたる活動に取り組めたのも,みなさまのおかげです。


一方で,そもそもの家宅捜査と生活に欠かせない品々の押収,それに続く再三の呼び出しなど警察・検察・裁判所のおこないは完全に不当であることを重ねて訴えます。携帯一つにしても,一時的に他者とのつながりを困難にする卑劣な攻撃です。また,警察は,家宅捜索後も常野さん宅を突然訪問したり,デモ参加中の常野さんの名前を大声で叫んで意味不明なジェスチャーを送ってくるなど、心理的なプレッシャーを与えようとしました。

 

携帯電話,パソコンは返されましたが,これらを数か月間持ち去っていた間に解析を行ったと警察は代理で返還を受けた弁護人に対して言っています。「情報」は返還し得ないものであるとも言え,情報機器の押収は不可逆的な被害をもたらします。そこで,弾圧全体への謝罪と賠償に加えて特に以下のように要求します。

 

・警察は常野さんや関係者に対して弾圧による加害について謝罪し,賠償を行うこと。

・警察・検察は常野さんの情報機器から盗み取った情報を全て処分し,データとして残る可能性のある全ての記憶装置を物理的に破壊すること。


そして,警察がこのように被疑事実との関連のないもの,とりわけ情報機器を持ち去り分析したことは,捜査がそもそも常野さんや関係者についての情報収集を目的の一つとしていたのではないかとも思えます。公安警察による人民の街頭行動の撮影や薄気味悪いつきまといなど,情報収集そのものがろくでもないことはもちろんですが,自宅に押しかけて電話やパソコンや書類を強引に持ち去るという手荒な手段までゆるした裁判所の責任は重い。そこで以下のように要求します。


・安易に捜索差押許可状を発行した東京簡易裁判所は常野さんと関係者に謝罪と賠償をおこなうこと。

今回の弾圧では,ささやかな貼り紙に対して家宅捜索がおこなわれたというアンバランスさも注目されたと思いますが,ここでもう一度常野さんの主張を振り返りたいです。「軍国主義植民地主義のシンボルたる靖国神社や、侵略戦争の最高責任者であるヒロヒトの誕生日を祝う昭和の日は粉砕されるべきである」ということです。今回,みなさまの注目と支援もあり,不起訴処分を勝ち取るまで反靖国という主張と表現を孤立させず救援活動を行うことができました。さらなる可能性を思いつつ,日の丸バッテン救援会は解散します。ご支援とご注目に感謝いたします。

  

諸事情を考慮して,カンパ振込情報はシュレッダーにかけました。警察への抗議声明への賛同をお願いするために使用していたメールアカウントの本日分までの送受信メールは削除します。不起訴処分という結果を個別にお知らせすることはしません。声明への広範な賛同と潤沢なカンパをいただけたのは,このブログや手渡しビラだけではなく,事態に関心を持たれた方が様々な場で情報を拡散してくださったおかかげです。この解散声明も,転載・転送を歓迎いたします。また,この件が話題になったときには,当ブログに不起訴処分を受けての解散声明が出ていることをお伝えくだされば幸いです。

 

2015年5月15日

日の丸バッテン救援会

http://hinomaruxq.hateblo.jp/

東京地検公安部検事 金山陽一による「不起訴処分告知書」の画像を以下に添付します。

f:id:hinomaruxq:20150514141205j:plain