読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日の丸バッテン救援会 ブログ

2014/6/22 13:17にコメント欄のない設定に変更しました

また、また、また麹町署が常野さん宅訪問

info

7/14、常野さんの留守中に、麹町署警備課の武村悦夫が数人の警官を伴って常野さんの自宅を訪れました。6/20の家宅捜索を含めると、3度目になります。今回の口実は、押収品の一部を返却するというものです。常野さんが不在だとわかると物は置かずに帰って行きました。

常野さんの弁護人は、6/27付けの武村への申入書の中で、「直接被疑者宅に赴きあるいは直接被疑者に連絡をすることは、以降慎まれるよう厳重に申し入れる」と述べています。また、「当職[弁護人]は、本件捜索差押による押収品が返還される場合の一切の権限を被疑者から委任されている。そうであるから、今後本件捜索差押による押収品の返還を行う場合においては、必ず当職に連絡をされるよう申し入れる」とつけ加えています。現に翌日、弁護人は代理で麹町署にて押収品の一部(USBメモリ、手帳、通帳)を受けとっています。

警察は訪問前に弁護人の事務所に電話をしていますが、不在だとわかると代理で受け取りに来るよう伝言することもなく常野さん宅に向かったようです。奪っていったものを返すということを口実にして、わざわざ数名で訪問するのは、常野さんへの嫌がらせを目的としていると疑いたくなりますし、実際そのような効果をもってしまっています。

このように延々と捜査が続くことによって、裁判を待つまでもなく実質的な罰則が与えられることになります。私たちは、今回の訪問に強く抗議するとともに、即刻捜査を中止すること、残りの押収品10点を返すことを要求します。